トップ / 馴染みのない麻酔科医

馴染みのない麻酔科医

麻酔科医の不足問題

麻酔科の専門医も不足

麻酔科医は一般人には馴染みの無いドクターですが、ペインクリニックとして開業医も増えてきました。活躍の場は手術の時ですが、救急外来でもリーダーとなることがあります。麻酔医は、手術で患者の負担を極力減らすように専門性を高めた存在です。患者さんよりのドクターの性質からか、女医さんの割合が多い専門医です。一時期麻酔の専門医不足で、年収3500万円との募集もありましたが、今は高齢化と医療高度化の影響で、全般的な医師不足となり、麻酔科医だけが目立つ存在ではなくなりました。しかし産科医の次に不足しているドクターです。

麻酔科の専門医について

麻酔科は、医者の中でも専門性が特化されています。麻酔科の医師になるためには、通常の医師免許だけでなく、厚生労働省や学会から認定を受けなければなりません。そのため、他の科よりも医師の数が少ないです。女性が出産後に復帰する人も多く、多くの大学病院などで復職の支援を行っています。専門医として、さまざまな手術などの場で活躍していて、非常に重要な役職です。手術長などの呼吸や、脈拍、血圧、心電図、体温、意識などのあらゆる面をケアしてくれるので、非常に重要です。麻酔の専門医としてフリーランスで働く人も数多くいます。

↑PAGE TOP