トップ / 夫婦で医師をするメリット

夫婦で医師をするメリット

医師同士が結婚する

夫婦で医師をする利点

夫婦で医師をすることには利点があります。一つ目は、人件費が抑えられることです。二つ目は、互いに刺激を受けることです。三つ目は、仕事に対しての理解をしやすいことです。人件費が抑えられる点については、個人で開業している場合に特に有効です。外部から医師を雇うことなく夫婦で運営出来ますので、人件費の削減につながります。互いに刺激を受ける点については、専門が同様でも異なっていても当てはまります。治療の仕方や患者への接し方については比べやすい点です。仕事に対しての理解をしやすい点については、すれ違いが少なくなります。

医師の夫を持ったときは

医師はとにかく忙しい職業です。大学病院なら、科によってはずっと医局に籠るような生活もありますし、夜中や変則的な時間に突然呼び出されて仕事に行かなければいけなくなる時もしばしばです。なので、夫が医師の場合、そういう時には生活の為に必要なものを医局に定期的に持って行ったりなどすることになります。また、学会などで長い期間外国へ行く時もありますし、それでいて帰ってきてすぐにいつも通りのペースで診察、手術等こなさなければいけないので、とても疲れることが多いです。奥さんのサポートが必要不可欠です。

↑PAGE TOP