トップ / 医師と弁護士のライセンス

医師と弁護士のライセンス

医師ダブルライセンス

医師と弁護士について

難関に国家資格を2種類取得している人をダブルライセンスと呼びます。両方の仕事をする人は少なく、前職を活かして転職するのが一般的です。弁護士には、ある程度の営業力も必要ですので、それを嫌って医師に変わる人がいます。国の方針で合格者を増やしましたので、訴訟案件が増えなければ余剰気味になって儲からない人も出てくるわけです。医師から弁護士になるダブルライセンスですと、医療訴訟に強いことが強みになります。医療事故の訴訟では専門的な知識が必要になりますので、畑違いの法曹関係の人が学ぶよりも信頼感があります。

医師と弁護士のダブルライセンス

医師と弁護士が其々が独占業務であると共に、取得難度の高い資格として知られています。内容は異なる資格であるものの相互に跨る事象が発生する事もあり、中にはダブルライセンスを取得する人もいます。医師を後から取得した場合には医療現場の考えを法曹側に伝える橋渡し役の医者として、弁護士を後から取得した場合には医療事故、過誤に関する案件に対する専門家として活躍するというキャリアが見込め、重用可能な人材と見られるのです。つまりダブルライセンスを取得した場合、職種としては後から取得した方に特化して行く形となる訳です。

↑PAGE TOP