トップ / 医師が独立して開業するには

医師が独立して開業するには

医師の独立タイミング

開業時の医師の年齢について

医師が独立して個人開業をするタイミングとなる年齢というのは、一般的には40歳前後が多いと言われています。医療を行うという専門職であるという事情があるために、自分一人で全ての対応をすることが出来るというだけの技術を身につけているという状況にあることと、医療経営をしていくのに十分な患者との結びつきを作っていくということが出来るかどうかが重要であると言えます。この様な条件が揃い、個人のクリニックなどを開業してもやっていけるだろうという判断に至るのが平均して40歳前後という年齢になるのです。技術を身につけるのは大学の医局に所属しながら行うことが多くなります。この医局で大学のポストを得ることが出来ないのであれば独り立ちして行く道を選ぶのが良いと言えるでしょう。その時の選択肢の一つが独立開業であるという事情があるのです。大学では早ければ40代後半で教授の道に挑戦することになります。それくらいの年齢で医師としての生き方を決めることになるケースが多くなっています。

開業に最適な年齢は何歳くらいか

開業が、親の跡を継ぐためであっても、医局のしがらみから逃れるためであっても、開業に適した年齢があります。あまりに若すぎても、経験が浅いのではないかと、患者さんが集まり難いので、大学病院や大病院での外来経験が5年は欲しいところです。童顔で実年齢よりも若く見える医師は、髪型を変えたり眼鏡をかけたりして貫禄を出すこともあります。しかし、ベテラン医師が良いというわけではありません。50歳を過ぎると銀行が融資を渋ります。また、自分よりも年上だと看取ってもらえないと、年上を敬遠する患者さんも少なくありません。体力や気力的な問題もあります。外来だけのクリニックだから、大学病院のように大変ではないだろうと思いがちですが、大変さにそれほどの大差はありません。大学病院や大病院では、外来診療を休診にしたり他に代診をお願いすることも出来ますが、一人診療のクリニックでは、少々のことでは休診にはできません。すぐに相談できる先輩もいません。すべて自分ひとりの肩にかかっていて、責任も重くなります。それらを考えると、アラフォー世代がベストではないかと言われています。

↑PAGE TOP