トップ / 医師の肩書について考える

医師の肩書について考える

医師の中での立場

医師の中での部長の立場

一般的な企業の場合部長というとその科のトップのことを言いますが、医師の場合は病院によって医師免許を取得してから一定の年数を経過すると肩書が部長となるケースもあります。さらにその科のトップを医長という呼び方をする場合もあり、免許を取得してから年数の浅い人は医員と呼ばれる場合もあります。診察を受ける場合このような肩書や経歴や出身大学などを見ることも重要ですが、最も大切なのは患者と担当してくれる医者との相性の良さや信頼の強さなので肩書にこだわらず一度受診してそれから吟味して決めることが良い医者に出会う近道です。

医師における部長職について

一般の企業においては社長を筆頭に部長や課長などの役職あります。医師の世界にも様々な組織が存在していますが、個人で開業している様な小規模な診療所を除いては複数の診療科目に分かれて医療を行っていることが少なくありません。大病院ともなれば専門ごとに組織を分けてそれぞれに管理を行うということが一般的となっています。その様な組織においてはそれぞれの専門分野を統括している医師のことを部長として任命して管理させる仕組みになっていることが少なくないのです。大きな病院は一般の会社と同じように組織が作られて運営されています。

↑PAGE TOP