トップ

医師になるための対策

医師の国家試験対策

医師の国家試験の過去問

医師の国家試験合格率は毎年9割弱をキープしています。これを高いと考えるか、低いと考えるかはそれぞれ個人差もありますが、医学部を卒業することが条件になっているこの試験で、1割が毎年不合格になっているという事実が重要です。在学中の怠慢が原因ということも考えられますが、大学には留年もあるのですから、そればかりとは考えられません。国家試験に対する対策がきちんと行われていなかったことが原因とも考えられるのです。医師となる資質の面で申し分なかったにしても、国家試験に合格しなければ、医師となることはできません。過去問のチェックは試験対策の基本です。過去問を説いていれば正解したであろう問題は数々あるものですが、特に正解率が低い問題に関して過去にも出題されているといったことが多々見られます。過去3年間の問題には必ず目を通している受験者がほとんどですが、これでは不十分です。過去にも同一の問題が出たといった面から対応できている受験生は、過去10年間程度はしっかりチェックしています。

国家試験と過去問題集

医師の国家試験に合格して免許を取得するためには過去問題集を多く解き、出題傾向を把握しなければなりません。医者はどんな病気にはどんな治療が必要というのを的確に判断して実行に移していかないと、時として手遅れになる場合があります。幅広い知識が要求されるだけにどこをどれだけ勉強すれば良いか迷いますが、医師の国家試験は出題範囲も広く、筆記試験と臨床実地試験の両方がありますので、過去問の存在は欠かせません。最近ではこれまで出された問題の解答をホームページにて公開していますので、参考にすると勉強もはかどります。得意とする分野は生徒によってそれぞれ違いますが、試験の際には医療全般から出題されますので、得意でない分野についても勉強しておかなければならず、6年間の授業や実習をきちんと受けておかないと合格が難しくなりますが、所定の単位を取得していれば毎年7割以上の方が合格しているので、それほど狭き門というほどではありません。

↑PAGE TOP